前へ
次へ

市内に公営の葬儀場や火葬場が無い時

全国には市区町村があり、それぞれの自治体が住民に対してサービスを行っています。
ただ全ての自治体が同等のサービスを提供できるわけではなく、ある自治体で行っているサービスを別の自治体では行っていないなども結構あります。
財政が豊かなところなら手厚いサービスがあり、逼迫しているところは必要最低限のサービスしかないかもしれません。
人の死は誰でも起きることなので、自治体においてもそれなりにその時の手続きができるようサービスを提供する必要があるでしょう。
多くの自治体には自治体が運営する葬儀場や火葬場を用意していて、故人や親族がそこに住んでいれば割安で利用できる仕組みを提供してくれています。
ただ小さい自治体などでは運営が難しいので一つの自治体では運営が難しい時があります。
その時は周辺の自治体と共同で運営している葬儀場や火葬場が利用できるようになっています。
通常自治体が異なると料金が高めになりますが、共同運営をしているところであれば同一地域の住民とされ安く利用できます。

Page Top