前へ
次へ

葬儀に参列する際はできるだけネイルをオフしよう

爪のオシャレとしてネイルポリッシュや、ジェルネイルを楽しんでいるという女性も少なくありません。
ネイルをしている時に突然、葬儀に参列しなければいけなくなってしまった場合、どのようにするのがマナーなのでしょうか。
基本、ネイルは落としていくのがマナーとされています。
ネイルポリッシュであれば、市販の除光液で落とせるのでオフしてから参列するようにしましょう。
問題なのはジェルネイルです。
ジェルネイルはネイルサロンで落としてもらうことになるのが一般的ですので、突然のお葬式になかなか対応できないかもしれません。
もし、運よくネイルサロンの予約が取れるようであれば、オフするのがおすすめです。
ですが、仕事の都合上どうしてもネイルサロンに行く時間が無い、予約自体が取れなかったという場合はできるだけ手元が目立たないよう工夫する必要があります。
ストーンなどがついていないネイルであれば、爪の上からベージュカラーのネイルポリッシュを塗り重ねることで目立たなくすることが可能です。
ストーンがついていて重ね塗りが難しい場合はお葬式用の黒の手袋をはめて参列すると良いでしょう。

Page Top