前へ
次へ

プラン以外の経費も明示させることも必要だ

人が死んだらほとんどはどこかの葬儀社を利用して遺体を火葬します。
その葬儀社たちは自分たちの会社を利用してもらうために、今では家族葬プランや直葬プランなどいろんなプランを作り出してそれなりのアピールをしています。
それは大いに結構なことではありますが、実際に葬儀をするとなると、このプランの料金だけで葬儀は成り立たず、他に葬儀社のホームページには明記されていない必要経費がたくさん出てきます。
必要経費のなかには火葬場利用料や霊柩車運転手などへの心づけ、親族たちへの料理、参列者たちへの返礼品、さらに祭壇にオプションで飾る花輪などのアイテムなど数多くあります。
これらのホームページに明記されていない必要経費などは実際に葬儀を利用する前に葬儀社のスタッフからカタログや紙面などの形で渡されて初めて知る人も大勢います。
そしてその中の一部の人はこれで葬儀社とトラブルを起こしていたりなどします。
そのためこれからの葬儀の在り方ではすべての葬儀社のホームページでは火葬場利用料をはじめ、プラン以外に必要な経費などを細かく明記するように規定で義務化させていく方向へ推進する必要が望ましくあります。

Page Top