前へ
次へ

寺院に併設された葬儀場の利用の条件

葬儀を行う場所として自宅、寺院、そして葬儀場があります。
葬儀場にもいくつかの種類があり、葬儀会社が運営しているところや市などが運営しているところ、その他寺院に併設されていて寺院で運営しているところなどがあります。
寺院併設のところでは寺院でもできますし併設の葬儀場でもできるようです。
葬儀会社や市などが運営している葬儀場は特に宗教に関する利用条件は決めていないでしょう。
宗派は問われず、無宗教での葬儀も行えるようになっています。
気になるのは寺院に併設している葬儀場でしょう。
その寺院の檀家であったり宗派が共通しないと利用できないと考えるかもしれません。
葬儀場によって異なるかもしれませんが、一応宗教上の条件を満たさなくても利用できるところが多いようです。
仏教なら宗派が多いですが、その宗派が異なっていても利用ができます。
宗派が異なればその寺院の僧侶は読経をせず、別の寺院から来てもらうことになります。
ただ事前に檀家の利用者があるときなどはそちらが優先されるでしょう。

Page Top