前へ
次へ

供花の種類や平均的な相場をチェック

お葬式の際、葬儀場にお供えする花のことを「供花」と言います。
供花は故人の霊を慰めるため、さらに贈る人のお悔やみの気持ちを表現するものです。
故人の遺言などで変わることもありますが、基本は白い花を使うのが一般的となっています。
供花には、地域や、宗旨・宗派による違いがあると言われています。
現在、供花は葬儀場に飾りやすいようアレンジメントされるのがポピュラーですが、地域によっては花輪を送ることもあるようです。
また関西の一部の地域では、供花の代わりとして、常緑樹である樒を使うなど様々です。
仏式のお葬式であれば菊や百合といった白い花を、神道は白い花の他に塩や米、季節のものなどをお供えする風習が、キリスト教だとランやユリ、カーネーションなどの洋花が選ばれています。
供花の平均的な相場は、一基7500円から15000円ほどとなっています。
一対にして贈るという場合は、倍の金額になるため15000円から30000円となります。

Page Top